本文へスキップ

これから一人暮らしをする人のために

まずはマンスリーマンションに住むのも一つの方法HEADLINE


賃貸物件を探すと行っても、遠隔地から出てきた場合、そう簡単ではないですよね。
まずどのあたりに住んだらいいかが分からないわけだし、さらに物件を探すのにだって時間がかかる。

その辺りの時間を下手に節約してしまうと、あまり良くない物件を掴まされてしまうことだってあるわけですよ。

だから全く分からない地域へ引っ越す場合、まずはマンスリーマンションに住み、
ゆっくり部屋探しをして、部屋が決まってからちゃんと引っ越しするというのも悪くないと思います。

マンスリーマンションは家具も付いているし、初期費用が余りかからないので、短期で住むにはいいですよ。

マンスリーマンションは短期で住むにはとても便利


マンスリーマンションは、レオパレスを初めとしていくつもの会社が色んな地域で展開している訳ですが、
長く住むには、「壁が薄い」とか、「キッチンが狭い」とか、色々問題もあるみたいではあるんです。

でも部屋探しをする間の数ヶ月など、短期で住む場合にはとてもいいですよ。

まずマンスリーマンションには、家具が付いているんですよ。
だからホテル感覚で、手ぶらで入っても、基本的な生活が出来るようになっているんですね。

それで家賃は、ホテルに比べると圧倒的に安く、「アパートよりは割高かな」というくらいなんです。
敷金も礼金もかかりませんので、短期で住むにはオススメです。

どこでもいいからマンスリーマンションを借りて、そこを拠点として、
住んでみたいと思うエリアを色々回ってみたらいいですよね。


例えば東京だったら、一人暮らしをするのに人気のエリアは、吉祥寺とか自由が丘とか、
色々あるわけですけれど、そういうところより、むしろあまり名の知られていないような駅に、
いい場所があったりするわけですよ。

休日とかに、そういうところを足を使って回りながら、
「いいな」と思うエリアがあったら不動産屋に入ってみる。

1月〜3月は、不動産屋も繁忙期ですから、物件も高いですけど、4月を過ぎると暇になり、
家賃も下がったりすることがありますから、部屋をゆっくり探すのは、なおさらオススメということなんですね。